音楽を聴いて泣いたことがありますか?涙を流した理由をSNSで聞いてみた

海賊版戦隊セイクリッドヘキサゴンのギタリスト、ヤマシタです。

あなたは音楽を聴いて泣いたことがありますか?

答えは人それぞれあると思いますが、残念ながら私はありません。

だから、どういった心理から涙が流れるのかすごく興味があります。

『音楽を演奏することが好き』な人が『音楽を聴くことが好き』な人に対して感じるコンプレックスの正体

以前、こちらの記事を投稿した際に、自分の中ではこのように推測しています。

ここまで考えてみて『音楽を聴くことが好き』というのは圧倒的な音楽的知識に裏打ちされた感情から発生しているのではないかと考えました。

音楽やアーティストの歴史や背景を知れば、頭の中に物語ができます。

そうすると、目の前で流れている音楽への尊さや偉大さへの理解が深まり、今より多方向に大きく感情が動かされるのではないか。

その結果、泣くという感情につながると考えました。

しかし一人で考えていても埒が明かないので、SNS上で質問をして、泣いたことがある人に、どういう心理から涙が流れたのか聞いてみました

たくさんのご意見ありがとうございました!

いただいた意見はすごく興味深い物ばかりでしたので、私の意見も添えてまとめてみました。

音楽を楽しむ際、他の人はこんな事を考えているんだ!という参考にしていただければと思います。

音楽で人が泣く理由 ~SNSで聞いてみた結果~

これから紹介するのは、私が友人からTwitter、Facebookで頂いた意見、または直接会って会話した内容です。

自分の経験、またはドラマやアニメのシーンを音楽(歌詞)と重ねて

  • 自分の経験や感情を歌詞に重ねて泣いたのが多い。後はその曲とアニメドラマのシーンと重なってって泣いてしまうとか。​
  • 過去に音楽に限らない衝撃があって、そのイメージを音楽を媒体にして伝わった時かしら… その衝撃は今は体験できない懐かしさ、寂しさとか色々あるし、不確実なものだけど。
  • 自分の場合、は見てた90年代のドラマやアニメの曲が本編の世界観と曲の歌詞が具体的にマッチングやイメージ出来ると曲に導かれた感じがして、グッと胸熱になって自然と泣いてしまうというか。
  • 歌詞聞いてストーリーで泣くこともありますがその場合はあくまでストーリーで泣いているのであって、音楽が担う役割は単なる雰囲気作り程度だと思います。

これは、自分の経験や具体的な映像が、音楽や歌詞が引き金になって思い出されて感極まったってことですね。

つまり、自分の経験やインプットされた映像が豊富であるほど、泣くに至る可能性が上がることになります。

ただし音楽そのものというよりは、そこから一歩外れた音楽に付随する様々な情報がきっかけ、という感じですね。

泣く理由としては一番理解しやすいです!

アーティスト、または音楽への尊さから

  • ライブの場合は好きな歌をアーティストが歌っている視覚的な感動も相まって泣く事がある。
  • X Japanのライブ見たときは何故かわからないけど、えげつないぐらい号泣しましたw
  • 私はびっくりして泣く、みたいな、、、ジェットコースター乗ってどわーってなって泣く、というのに近い気がします。あるいは幸せすぎて泣く、に近いパターンもあります。こんな凄いものに触れられているなんて、、、という心理かも。

これは、そのアーティストや音楽の歴史、背景等の知識に裏打ちされた感情から発生する尊さで泣けるってことですね。

やはり強い感情を呼び起こすには物語が必要で、その物語は積み重ねられた知識があるからこそ発生するのだと思います。

気持ちが下向きになっている時

  • 僕が曲聴いて泣いてしまう時は自分の1番悲しい出来事があった時にどうすれば良いかわからなかった気持ちを曲とバンドに解放されたような感覚で泣いてしまう事が多いです!
  • 泣いたことあるけど、それって結構ストレス溜まって病んでる時に多い気がしますよ、そういう気持ちの時に生のライブとか見たら結構くるものが合った気がします!ということは、メンタル安定してるようなタイプの人は別に泣かんし泣く必要もないのかと思ってる!笑

これは盲点だった。同じ人でも、その時の心理状態が影響するってのは考慮していなかった。

心が弱っている時、誰かに助けられると泣いてしまいそうになることがある。

その助けてくれる“誰か”が音楽だったということだ。なるほどなあ。

メンタルが安定してたら泣く必要がないって意見もおもしろい。

衝撃的な音楽と出会ったから(泣いたことがないのは出会ってないだけ説)

車を運転する回数が少ない人は、事故も起こしにくいのと同じで、、、「音楽を聴くのがそこまで好きでないから泣けないし楽しめない」ではなく、「泣けたり楽しめたりするような音楽に出会うほど、音楽を聴く量が多くない」が先なのではないかと少し思いました。

個人の感受性というよりも、単に数の問題で、衝撃的な音にまだあたってないのでは、という説。

うーん、なるほど。この説だと、私が泣いたことがないのは、まだ泣くような音楽に出会ってないだけだということになる。

単純に今まで聴いた音楽の数が少ないからって意見には納得しかねるんだけど、出会うためにたくさんの音楽を聴いて、幅(=聴いたことのある音楽の数)と高さ(=積み上がる知識と経験)両方を鍛えていくってのは泣くことに繋がっていきそう!

高さ(=積み上がる知識と経験)が十分に備わった状態で、幅(=聴いたことのある音楽の数)を広げていくことで、良い音楽に出会った時に初めて泣けるのではないか…と考えてみたり。

単純に感受性が強いから

これはSNSではなく直接友人と会話した内容で、単に感受性が強いか弱いかというシンプルな話ではないのか、という意見です。

同じ映画を見ても泣く人と泣かない人がいる。

その違いは何なのか。

それは映画という一定の情報から、その人がどれだけ脳内で物語を膨らませる事ができる(=感受性が強い)かだと思う。

いわゆる“泣ける映画”ってのは、泣くための情報が多く含まれている映画だ。

だからたくさんの人を泣かせることができる。

しかし感受性の強い人は、泣くための情報量が少ない映画でも脳内で物語を膨らませることにより、泣くことができる。

そして、音楽は映像に比べると圧倒的に情報量が少ない。

感受性の強い人は、その少ない情報量から脳内で物語を膨らませて泣くことができるのではないか。

この話にはすごく納得がいく。

たしかに、私は映像で泣くことはあるが、決して多くはない。(=感受性が弱い)

音楽に限らない、その人の感受性が単純に強いかどうかが重要なわけだ。

ただ、この意見はここまで論じていた内容よりもっと手前の前提の部分であり、じゃあその感受性を高めるにはどうするのか?という話になると、やはり知識や経験の積み上げが必要ではないか、という話に私の中では帰結する。

意図的に

私は結構簡単に泣きます。一時期はそのハードルを下げるよう意識していました。同じものでもそのぐらい感情が動かされた方が得なのでは?という考えです。

マジか!?コントロール出来るものなのか!?でも音楽で感情を動かされたい!そのほうが人生楽しそう!って意見にはすごく同調します。

だからこそ泣ける人が羨ましい。

アイカツ!見ろ!

アイカツおじさん「アイカツ見たら何かが変わりますよ!」

最期に

こういった人それぞれの様々な答えがある質問はおもしろいですね!

これからもこのテーマは探求していきたいです。

 

ところで、冒頭を読み返してみたら

オレニハ、ヒトガナクキモチガワカラナイ…ナイテミタイ…。

みたいなクソ中二病みたいなノリに見えなくもないが決してそういう意図はない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です