iPadを同期演奏で使用するためのDAWアプリを調査したら『Auria』一択だった

一昔前までは、バンドで同期演奏をするにはPCやMTRの持ち込みが必要でした。

しかし現在では利便性、安定性、コスパなどの面からiPadを利用しているバンドも増えているのではないでしょうか。

そこで必須になってくるのが『DAWアプリ』です。

で、DAWアプリを購入しようとする訳ですが…

どのアプリを買ったらいいのかわからねえ!

マニュアルが無い、あっても英語のみなんてのはザラです。基本的にアプリは買ってみないとわからないパターンが多いですね。

そこで、同期演奏にむいているDAWアプリを調査してみました。

同期演奏に向いているDAWアプリとは?

私は、以下の2つの機能が同期演奏には必須だと考えています。

  • マーカー
  • マルチアウト

マーカーは、次の曲の先頭へ素早く移動したい時に使用する機能ですね。

マルチアウトはドラム用のクリックと同期音源のトラックを別系統で出力するための機能です。

最低限これらの機能を搭載したアプリを探します!

調査対象アプリ

以下のアプリの機能を調査しました。

  • GarageBand
  • Music Studio
  • Cubasis 2
  • Auria

Cubasis 2やAuriaなんかはそれなりのお値段なので(高機能なDAWソフトと考えるとめちゃくちゃ安いですが)私も買ってみてやっぱり使えなかった…という状況は避けたいので、情報が少ない中、がんばって調べました。※2018年6月現在の情報です。今後アップデートで実装される可能性はあります。

アプリ \ 機能 マーカー アルチアウト
GarageBand ×
Music Studio × ×
Cubasis 2 ×
Auria

ということで結果はAuria一択。

Auria

3,000円
(2018.09.05時点)
posted with ポチレバ

ネット上の古い記事ではAuriaもマルチアウト非対応という記事も見かけましたが、現在は対応しています。

※AuriaにはLEという廉価版が存在しますが、こちらはマルチアウト機能がないらしいです。ProというMIDIも扱える上位版も存在しますが、通常のAuriaでもマーカーとマルチアウトについては実装されています。また、AuriaはiPhoneには非対応です。

Auriaの設定

Auriaは日本語マニュアルが無いので、どこで設定するか解説!

マーカー

画面右上の『Transport Options』にタッチすると、マーカーを設置する『Set Marker1~4』と、マーカーへ移動する『Go to Marker1~4』が選択できます。マーカーの最大数は4つまでです。

マルチアウト

ミキサー画面で、クリックと同期音源トラックのOUTPUTをそれぞれ別のバス(SUB 1~8)に振り分けた後、画面中央左のMenuから『Output Matrix』を選択します。

接続したオーディオインターフェイスに応じたチャネルが選択できます。画像ではSUB 1をチャンネル1&2へステレオ出力し、SUB 2をチャンネル3&4にステレオ出力しています。

最後に

持ち運びの面でも安定性の面でもメリットがあるので、iPadを同期演奏のシステムとして使う人は今後ますます増えていくのではないでしょうか。

今の段階では確実にAuriaがベストなアプリのようです!

4 COMMENTS

ヤマシタ

imnさん

コメントありがとうございます。
ライブで使用したことあるのはiPad Air2と最新の第6世代のiPadです。
この2つであれば6トラックくらいでwavファイルを再生するのは全く問題ありませんでしたよ。
これより古いモデルについては試したことがないです。

imn

突然のコメント失礼します。
こちらiPadは何をお使いでしょうか?
どれくらいのスペックの機種を使えば安定して使用できるかが知りたいです。

ヤマシタ

こんにちは。

オーディオI/Oに関しては、私はZOOMのU-24を使用しています。
電池駆動、マイクスタンドへ設置が可能など、ライブで使いやすさが重視された製品だと思います。
Lightningケーブルは付属していないため、LightningとUSBの変換アダプタは別途必要になります。

>一般的なPC用オーディオI/Oを接続する形でも
> 問題なくDAW側で認識できるものでしょうか?
これに関してはおしゃるように製品それぞれですので、
オーディオインターフェースの仕様を確認頂いたほうが確実かと思います。
出来るものもあるはずです。

>クリック→ch1, 2
> 音源 →ch1, 2, 3, 4
> といった形で振り分けることもできますか?
単純に音源側を複数chに送ることはできません。
ルーティングを考えれば実現できそうな気もしますが、私はU-24側で同等のことをしています。
U-24の機能で簡単にクリック側へ音源をモニター用にミックスさせて返すことができます。(実際にやライブでやりました。)

らる

初めまして。
バンドの同期に今までMTR(ZOOM M8)を使用していましたが、
諸々の使い勝手の面でiPadの導入を考えていたので、
非常に参考になりました。

以下2つほどご質問させていただきたく存じます。

・某ネットストアではiPhone/iPad用のオーディオI/Oで
 4outのものはほとんど見当たらないのが現状ですが、
 iPad側にLightning(メス)端子←→USB(メス)に
 変換するアダプタを付けた上で、
 一般的なPC用オーディオI/Oを接続する形でも
 問題なくDAW側で認識できるものでしょうか?
 (もちろん製品によるかとは存じますが・・・)
 本記事の執筆の際にiPadへ接続しAuriaで認識させた
 オーディオI/Oを参考までにお教えいただけると幸いです。

・記事上の画像では、各トラックのoutputを
 クリック→ch1, 2
 音源 →ch3,4
 と振り分けていますが、
 クリック→ch1, 2
 音源 →ch1, 2, 3, 4
 といった形で振り分けることもできますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です