iPadを同期演奏で使用するためのオーディオインターフェースは『ZOOM U-24』がおすすめ

以前、iPadを同期演奏で使用するためのDAWアプリについての記事を書きました。

iPadを同期演奏で使用するためのDAWアプリを調査したら『Auria』一択だった

その際に、使用しているオーディオインターフェースについての質問があったので、この記事で補足させていただきます。

おすすめは『ZOOM U-24』

アプリ同様、購入前にがんばって調査した結果、ZOOMのU-24という製品が一番私の思い描いていた物に近かったため、購入してみました。いやー、何分情報が少ない。

公式HP:U-24 Handy Audio Interface _ Zoom

この製品は、いわゆる2イン/4アウト仕様のUSBオーディオインターフェースです。バンドでiPadを使って同期演奏をする際に便利な仕様になっており、そういったシーンで使われることを想定して作られた製品なんだと思います。さすが、こういうニッチな製品といえばZOOM様ですよ。

購入後の実際の使用感も満足しているので、おすすめポイントをまとめてみます。

おすすめポイント1:iPadにUSBケーブルで接続可能

USBでの接続に対応しているため、iPadとの接続にはUSBケーブルが使用可能です。

ZOOM U-24
ZOOM U-24

ただし、Lightningケーブルは付属していないため、変換器が必要になります。

Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ
Apple(アップル) (2016-03-23)
売り上げランキング: 431

USB→Lightning端子への一発変換器を持っていなかったので、手持ちの機器を駆使して多段変換するもブサイクになっちまった…。ちゃんと接続はできています。

ZOOM U-24とiPadを接続
ZOOM U-24とiPadを接続

おすすめポイント2:モニターにMAIN OUTをミックスできる

ライブ時にはヘッドフォンモニターからクリック、MAIN OUTから同期音源を出力するわけですが、ヘッドフォン側にも同期音源をミックスして送ることができます。つまり、ドラマーは聴こえてくるクリックと同期音源のバランスをその場でツマミで調整することができます。写真の『BALANCE』のツマミがそれにあたります。

ZOOM U-24のツマミ
ZOOM U-24のツマミ

おすすめポイント3:小さい・軽い・電池駆動もOK

本体は小型で軽い上に、電池駆動が可能です。ドラマーなど操作する人の周りに電源がなくても問題ありません。

もちろん長いライブ向けに、電源やモバイルバッテリーからの給電も可能です。

ZOOM U-24の背面
ZOOM U-24の背面

おすすめポイント4:専用ホルダーでマイクスタンドに取り付け可能

専用のホルダーも販売されており、マイクスタンドなどのポールに取り付けることができます。iPadとU-24両方をポールに取り付ければ、台などは必要なく非常にコンパクトに設置できます。

ZOOM U-24とホルダー
ZOOM U-24とホルダー

不安ポイント:USB(Lightning)ケーブルが抜けそう

これはU-24というよりはiPad側の問題になりますが、演奏中にiPad側のLightning端子からケーブルが抜けないか不安になります。まだそういったトラブルが起こったことはありませんが、iPadは横向きでの設置になる上、Lightning端子はそんなにきつく刺ささらないため、ドラマーのスティックが当たって抜けたりしないか、非常にハラハラします。対策はしておいたほうが良さそうです。

まとめ

以下がU-24のおすすめポイントでした。

  • iPadにUSBケーブルで接続可能
  • モニターにMAIN OUTをミックスできる
  • 小さい・軽い・電池駆動もOK
  • 専用ホルダーでマイクスタンドに取り付け可能

現状では、ここまでiPadとの親和性が高い製品は他にないのではないでしょうか。今後、iPadで同期演奏を行うことがもっと一般的になり、新たな製品が登場することも期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です