【感想】スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号

チケット予約システムKINEZOがフリーザ様仕様になってる!?まさかの音声ナビのフリーザ様ボイスに感動しつつ仮面ライダー3号のチケットを購入して見てきました。フリーザ様は高らかに笑いながら優しくナビしてくれました。 ※以下ネタバレ含みます。
IMG_8046

5分に一回のレベルで登場する新キャラと戦闘シーンの繰り返し

近年のライダー映画はだいたい見ていますが、結論から言うと、初めて途中で飽きてしまった…というか疲れきったのかも。ついに、さすがに詰め込み過ぎと思ってしまったといいますか…。スーパーヒーロー大戦といえばてんこ盛り盛りのお祭り騒ぎなのは承知の上ですが、5分に一回のレベルで登場する新キャラの情報量と、平坦に続く戦闘シーンにやられてしまいました。

過去の役者さんがたくさん出てくるのも嬉しいけど、今回はあまりリスペクト感が足りないというか…。「昭和ライダー対平成ライダー」の映画が良かったのは、久々に登場した乾巧がすごく乾巧のままスクリーンに登場し、555を好きだった気持を思い出せたからだと思っています。ディケイドしかりXライダーしかり。南光太郎も桜井侑斗ももちろんかっこよかったけど、それを感じるにはあまりにも短かった。それならいっそ、3号だけに焦点を当ててくれた方がよかったなあ。まあ結局は昔のことは知らない子どもたちを満足させるための映画であり、この意見は正しくはないのかもしれませんが。あ、橘さんはよかったよ!すごいみっともない感じがよくでてた!

スーパーヒーロー大戦特有の突っ込み所兼感想

  • 今回の見所である南光太郎がいきなり登場。相変わらずのかっこよさ。今回はパーマかけて少し若作り。
  • 窓からぶん投げられてガチで死ぬ鶴太郎課長。正直笑ってしもた。
  • チーターかたつむりが絶妙に気持ち悪い。再生怪人かと思ったらオリジナルだったのね。
  • また映画で落下する霧子。ジャイアンが映画で良い奴になるように霧子はヒロインになるな。
  • ユウト老けてるかな?と思ってたが変わってない!定番の椎茸オチで懐かしさのあまり涙。
  • 全ライダー登場で珍しく優遇されるブレイド勢。ギャレンのみ変身前も登場するわけだが、裏切りを重ねるところは、橘さんでもあり速水校長でもあった。完全にケンジャキ!って聞こえた。
  • なんで立花のおやっさんが井手らっきょなんやw。
  • リボルギャリーでGPに出場するもあっさり爆破。
  • たっくんちょい役すぎる。
  • 唐突にでてきてライドロンに擦り下ろされるチェイス。
  • 謎復活で、不思議なことが起こった!を再現するRX。もはや超展開ギャグ枠。
  • 夢のライドロンとトライドロンの共演が一瞬すぎて残念。
  • ライダーロボかわいすぎ。
  • ライダーロボの体内から、突き破って1号2号、3号まで復活!どういうことなの。
  • 更に唐突にでてくるニンニンジャー。アカニンジャーのセリフで剣崎が出てきたかと思った。
  • 高田延彦出番少なし。でてこいやあ!
  • 仮面ライダー4号につなげる仕掛けが剛の死。まさかの展開で「えっ」ってリアルに声出た。

仮面ライダー4号

オマケDVDを見た人の8割が思うであろう「シュタゲやん。」という感想。ただ、このどこかで見たことのある設定が悪いというわけではなく、結構引き込まれる感じはあった。仮面ライダー版シュタゲがどうなるのかは正直楽しみ。そしてdビデオでのみ配信の2話へ続く。ちっくしょおおおおおおおお!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です