ネットで購入した『BOSS GT-1000』の修理はどこに出すのか問題

購入以来、メイン機材としてガンガン使用していたBOSS GT-1000の調子が悪い。[CTL1]スイッチの物理的な接触不良(?)により踏んでも反応しない時がある。ということで修理に出すことにした。修理に出すにはどうすればよいものかと調べて見ると、なるほどね、購入店に持ち込めばいいわけね。.

…Amazonで買っちゃったよ!

Amazonの倉庫やアメリカにあるというAmazon実店舗に持ち込むわけにはいかないので、Rolandのホームページの『お問い合わせ』ページからメールを送り、最終的に修理センターへ個人で直接配送したので、その経過を記します。

メールで問い合わせ

Rolandの『補修対応に関して』というページには、以下のような記載がある。

1-4.   ご転居・ご贈答など、お買い上げ販売店に修理を依頼することができない場合は、ローランドお客様相談センター修理担当までお問い合わせください。

Roland – Support – 修理サービス – 補修対応に関して

電話で問い合わせる方法もあるが、営業時間が決まっているためメールを送った。問い合わせフォームはこちら

修理の依頼をしたいということ、製品とその症状、ネットで購入したことを伝えると、やはり物理的な故障っぽいということで、修理センターの住所を教えてもらえた。

修理センターへ送る

100均のプチプチでくるんだGT-1000をダンボールに入れ、コンビニからヤマト便で送った。送料は個人負担となり、1200円程だったと思う。伝票には精密機器と書き、店員さんに言ってワレモノシールを貼ってもらった。

梱包したGT-1000
プチプチで厳重にくるんで梱包したGT-1000。

そして、製品と一緒に送ったものはこれだ!

  1. 名前、住所、連絡先、症状を書いた紙
  2. 保証書
  3. Amazonの購入明細書(領収書)

1の紙については、ただのA4用紙に情報を手書きした物。そして2の保証書には購入店の情報などが記載されていなかったので、3のAmazonの購入明細書(領収書)を印刷して付けておいた。この2つを送れば保証期間内であることが証明できたようで、修理の代金は発生しなかった。ちなみに、購入明細書はAmazonの「アカウントサービス」→「注文履歴」画面から発行できるぞ。

Amazonの購入明細書と保証書
Amazonの購入明細書と保証書。

1週間程度で修理完了!

時期や修理内容によるだろうが、私の場合は1週間以内に修理済みのGT-1000が自宅に送られてきた。すごい!はやい!おそらく、今回の修理内容は軽い部類なので早かったのだと思う。また、保証切れの製品の場合は、一度修理代金の連絡があるのではないだろうか。また、 GT-1000に限らず、GT-1や他のRoland製品でも同じフローになるだろう。

1ヶ月くらい手元にない覚悟はしていたので、この迅速さは非常にありがたい!ありがとう!Roland様!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です