ワイヤレス・イヤモニのススメ【ギタリスト編】

バンドで良いパフォーマンスを行うためには、リハーサルで時間をかけてステージ上のモニター環境(中音)をベストな状態に調整するという作業が必要になります。

しかし、楽器の数が多いバンドでは中音が飽和して、自分の音を見失ったり他の楽器の邪魔にならないよう音量を下げざるを得なかったり、苦労することも多いのはないでしょうか。

 

その課題を解決するための一つの手段として、自分の出す音を耳元で返してくれる“イヤモニ”の導入が考えられます。

イヤモニといえば、ある程度規模の大きなホール等で演奏するミュージシャンが使う物というイメージがあるかもしれません。

しかし、音の飽和しやすい小さなライブハウスでの演奏にこそイヤモニを使う価値あるんじゃね!?と考え、エフェクターボード内にワイヤレス・イヤモニを組み込んで、自分のギターの音をモニターできる仕組みを構築してみました。

ワイヤレス・イヤモニ・システム『JTS SIEM-2』を購入!

早速ですがワイヤレス・イヤモニ・システムをサウンドハウスで購入!


あ、どうも。いつもお世話になっております。

購入したのはJTSのSIEM-2という製品です。

【国内正規品】 JTS ジェーティーエス ワイヤレスインイヤーモニターシステム SIEM-2

Amazonでも購入可能ですが、サウンドハウスの方が安いです。

この記事の執筆時点では1万円近く価格差があるようです。

『JTS SIEM-2』レビュー

JTSは台湾で設立されたメーカーだそうです。

その製品であるSIEM-2は、サウンドハウスの説明によると

B帯を利用したワイヤレスインイヤーモニターシステム。発信回路にはPLL方式を採用し、安定した送受信を実現。コストパフォーマンスに優れたシステムです。同一エリア内最大4波まで使用可能です。

とのこと。

その特徴は、何と言っても他のワイヤレス・イヤモニに比べて…圧倒的に安い。

SHUREの製品なんかは7万円以上する中で、2万円代前半で買えるこの製品のコスパはすごい。

そしてシンプル。

チャンネルを合わせてボリュームを調整する以外の操作が必要ないので、説明書なしでも使うことができました。

 

こちらがトランスミッター(送信機)。

前面にインプットが2つ、それぞれのボリューム、チャンネル変更ボタン、電源ボタンが付いています。背面にはLOOP OUTの端子があります。

届いた製品を実際に手にとって見ると…正直ちょっと安っぽく感じます。

ボディはプラスティック製で、びっくりする程の軽さが頼りなくも感じましたが、そこはコスパ重視で。機能的に問題なければOK!

ところで…このガラケーみたいなアンテナは意味あるんだろうか?

 

こちらがレシーバー(受信機)です。

ノブがスイッチ兼ボリュームになっており、受信機側でも音量調整が可能。

カナル型のイヤモニが付属しています。

エフェクターボードへ組み込み!

早速、エフェクターボードに組み込んでみました!

私は音作りのメインシステムとしてBOSSのGT-1000を使用しており、MAIN OUTPUT端子からアンプへ、PHONES端子からSIEM-2へ接続しています。

図にするとこんな感じ。

※同じBOSSのマルチエフェクターでもGT-100やGT-1はMAIN OUTPUT端子とPHONE端子への同時出力はできません。

ちなみに、ぴったり収まっている私のエフェクターボードはこちらです。

BOSS GT-1000の設定

参考までにGT-1000の設定を載せておきます。

MAIN OUTPUT端子は、シールドでJC-120のリターンに接続する一般的な方法で利用しています。

PHONES端子にはSUB OUTの音が出力されるよう設定します。

これでMAIN OUTPUTとは別でOUTPUT SELECTを設定したり、音量を調整することができるようになります。

つまり、GT-1000のOUTPUT LEVELツマミをいじってアンプの音量を変えても、イヤモニから聴こえる音量は変わりません。

そして、SIEM-2に送られることになるSUB OUTのOUTPUT LEVELを適量に調整します。

SUB OUTPUTのOUTPUT SELECTには『LINE/PHONES』を設定しておきます。

反射で手がめっちゃ写り込んでるけど気にするな。

実際にライブで使ってみた!


ギタボ、ギター、ベース、ドラム、キーボードという編成のバンドで、キャパ200人くらいのハコでのライブで使用してみました。

リハの際にイヤモニからの音がブチブチ途切れて一瞬焦ったんですが、チャンネルを変更すると正常に聴こえるようになり、本番では特に大きなトラブルもなく、しっかりとワイヤレス・イヤモニとしての役割を果たしてくれました。

当たり前だけど…めっちゃ聴こえるよ。

ワイヤレス・イヤモニを使うメリット

自分の音を見失うことがなくなる

そもそもこれが目的で使っているわけですが、ギター2本とキーボードが鳴っている曲でも自分の音を見失うことはありませんでした。

爆音でメンバーや最前列のお客様に迷惑をかけずに済む

自分がモニターしやすい音量までアンプのボリュームを上げた結果、ライブ後にメンバーが「お前、今日めっちゃ音でかくなかった?」。

リハで言えよ!

ということはなくなるはず。

自分の音はイヤモニから聴こえてくるので、アンプのボリュームはステージ最前のお客様にギターの音を届けるための適量を心掛けると良いのではないでしょうか。

自分のコーラスの声が聴こえやすい

本来の意図ではありませんが、耳栓効果で自分のコーラスの声もよく聴こえるようになります。

ワイヤレス・イヤモニを使うデメリット

バンドの音圧が低く感じる

イヤモニを装着していると、耳栓効果でバンドから感じる音圧が低くなります。

そのせいで、バンドのグルーブにのりづらく、演奏しにくいという人もいるのではないでしょうか。

普段のスタジオリハからイヤモニを使用して慣れておく必要があるなと感じました。

自分のミスがモロに聴こえて動揺する

自分が出したミストーンまではっきり聴こえるので、いつも以上にミスが多くなったように感じるかもしれません。

これ、思った以上に動揺します(笑)

一人一台イヤモニを持つ時代がくる?

実際にライブをしてみてイヤモニの導入メリットを大いに感じたので、これからもガンガン使っていく予定です。

小型化が進めば、ワイヤレスなんかと同じようにエフェクターボードに入れるのが当たり前の時代もくるんじゃないかなあ。

ギタリスト向け小型ワイヤレス・イヤモニ・システムの開発よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です