『音楽を演奏することが好き』な人が『音楽を聴くことが好き』な人に対して感じるコンプレックスの正体

海賊版戦隊セイクリッドヘキサゴンのギタリスト、ヤマシタです。

あなたは、様々な音楽で気持ちを高ぶらせたり涙を流せるような「コイツ、全力で音楽を楽しんでるなあ…。」というに出会ってコンプレックスを感じたことはありませんか?

私はよくあります。

そんな事を思い出したのは、以下の文章がきっかけでした。

そんなことを考えてるうちに気がつきました。

ぼくは音楽を聴くことが好きなのではなく、音楽を演奏することが好きなのだ、ということに。

ミュージシャンが音楽好きとは限らないので優しくしてください

海保けんたろーさんというドラマーの方のブログからの引用なんですが、読んだ瞬間

「あ、おれもこれだ。」

と思いました。元の記事はこちらです。

参考 ミュージシャンが音楽好きとは限らないので優しくしてください海保けんたろーの思考集積場

もちろん私にも好きな曲はたくさんあるし、音楽を聴いて感動もするし、音楽が好きという自覚もあります。

しかし、自分で音楽が好きだと思っている割には、必要以上に過去の名盤を漁ったり流行りの音楽を追いかけたりということはしないし、アーティストのライブに足を運ぶ回数も多くはありません。

そのことを自分自身で不思議に思うこともあったのですが、その理由は自分が『音楽を聴くことが好き』よりも『音楽を演奏することが好き』な人間だからだとわかったことで、すごくスッキリしました。

ギターの教則本が大好きで、教則本に載っている課題曲ばかり練習しがちになるのもこの理由で説明がつくな、と思います。

しかし、スッキリした反面悔しくも思ってます。

悔しく思っているのは『音楽を聴くことが好き』という人に対してコンプレックスを感じているからです。

『音楽を聴くことが好き』な人にコンプレックスを感じる理由

では何故『音楽を聴くことが好き』という人に対してコンプレックスを感じているのか。

私の経験上『音楽を聴くことが好き』な人には以下のような特徴があると思います。

  1. 良いと感じる音楽の幅が広い
  2. 音楽に対する感受性が強い

これらの特徴を考えてはっきりしました。

私は、これらの要素がミュージシャンとしての才能にも関わっている気がして、そうでない自分は才能かないと思ってしまっているからです。

それぞれの要素をもう少し深く考えてみます。

『音楽を聴くことが好き』な人の特徴

良いと感じる音楽の幅が広い

世間一般的に良いとされている楽曲を聴いても「ふーん。」以上の感想が出てこないことってありませんか?

また、初めて聴くジャンルの音楽が全然楽しめない…と感じたことはありませんか?

私はよくあります。

しかし、周りにそれらを楽しめている人がいると「あれ、あいつはこれを楽しめているのか…。」と羨ましく感じます。

これを何故かと突き詰めていくと『音楽を演奏することが好き』で上達するためには『音楽を聴くことが好き』であることは重要だからだと感じているからです。

具体的には、演奏を通して他人と関わっていく上では、義務的にでも音楽的知識はインプットされていた方が有利で「ここのバッキングはあの曲みたいな雰囲気でいこう!」という会話についていけなければ、コミュニケーショに苦労するということがわかっているからです。

なので、知識のインプットを義務と感じずに色々な音楽を好き好んで聴ける人のことを純粋に羨ましく思います。

音楽に対する感受性が強い

ここで言う音楽に対する感受性とは、音楽を聴いた時の気持ちの振れ幅のことです。

そして、その振れ幅により音楽を聴いて泣いたことがあるという人に対しては、特にコンプレックスを感じます。

音楽を聴いて気持ちが高まる、ワクワクする等の興奮する方向に気持ちが動くのはすごくよくわかります。

泣いたことがあると語っている人が実際に涙を流しているのかはわかりませんが、私は音楽で『泣く』という方向の感情に心を動かされたことがありません。

そして、涙を流すってかなり感情を揺さぶられないと発生しない現象だと思うんです。

つまり、音楽を聴いて泣ける人は、私の知らない音楽に対する強い感情を持っているということになります。

それを知ってみたい。

そして、自分が音楽で泣けないのに他人を感動させたり泣かせるような演奏ができることはあるんだろうか?という気持ちになります。

泣ける人を前にすると自分の感受性、ひいては『音楽を聴くことが好き』への才能の無さに絶望してしまいます。

『音楽を聴くことが好き』になるには

では『音楽を聴くことが好き』になるにはどうすればよいのか。

ここまで考えてみて『音楽を聴くことが好き』というのは圧倒的な音楽的知識に裏打ちされた感情から発生しているのではないかと考えました。

音楽やアーティストの歴史や背景を知れば、頭の中に物語ができます。

そうすると、目の前で流れている音楽への尊さや偉大さへの理解が深まり、今より多方向に大きく感情が動かされるのではないか。

そして、勉強が理解できてテストの点が上がってくれば更にやる気が出るように、知ること事態も楽しくなり音楽への興味が更にわいてくる状態ができあがるのかな…というのが現時点での私の結論です。

そういうことじゃなくて…ハートで感じる物があるやろ!的なことを言われたら理解不能で泣きます。

最後に

色々と考えてみましたが、もちろん音楽の楽しみ方は人それぞれでよいと思います。

私は『音楽を聴くことが好き』に憧れの気持ちはありますが、そんなこと気にしない人はその人なりに音楽を楽しめばよいよね!

電車好きが撮り鉄や乗り鉄に分類されるように、一般化されていないだけで音楽好きも色々と細分化されて当然だよなあ。

※2018年8月12日追記

音楽で涙を流した理由をSNSで聞いてみました!
音楽を聴いて泣いたことがありますか?涙を流した理由をSNSで聞いてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です