『GT-1000・KEMPER・Helix LT・AX8・ATOMIC』大集合して比較することで見えてきたGT-1000の特徴

友人ギタリスト内でハイエンド・マルチエフェクターを持ち寄り、その良さを語り合う『マルチエフェクーの会』にGT-1000担当として参加いたしました!主催のフルタ君ありがとうございました!

時間の都合上、全ての機器を弾き比べさせてもらってレビュー…という訳にはいかなかったんですが、それぞれの機器の使い方の解説や実際の音を聴く中で、GT-1000の相対的な特徴が見えてきたのでまとめてみます。

まず、集まったマルチエフェクターは左から…

です。※正確にはマルチエフェクターではない製品も含まれているかもですが。

まさに夢の光景。

写真撮ってるだけでテンション上がる~!

音質はどれも素晴らしく甲乙付け難い

一通り撮影した後は、全員が音を出せる用ようにミキサーに繋ぐわけですが、今やXLR端子でライン出力できるのは当たり前になってますね。全機器対応しています。

最初に全員にFender系のアンプタイプで音を出してもらって聴き比べました。

機器毎に、少しミッドが強めに感じる…等の多少の違いはあるんですが、このレベルになるとどれも音質は良いです。正直、スピーカーから出る音を聴いただけでは甲乙付けられません。

マルチエフェクターを購入する際にこれらの機器の中から比較検討することは多いと思うんですが、音質だけで選ぼうとするのはナンセンスな気がします。

比較することで見えてきたGT-1000の特徴

音のレスポンスが速い

GT-1000は、音のレスポンスが速いです。要はレイテンシーがかなり少ないです。DSPチップが強力なんでしょうね。

決して、他の機器で弾いた際にレイテンシーを感じる、ということはなかったんですが、Helix LTと弾き比べるとGT-1000の方が明らかに速い印象がありました。

パッチ切り替えが速い

マルチエフェクターではよくあるパッチ切り替え時に発生する一瞬の音切れが限りなく短いです。この部分においてGT-1000は圧倒的に優勢でした。

コンパクトで見た目もかっこいい

GT-1000軽いなーってのもすごく感じました。圧倒的に持ち運びは楽です。

流石にATOMIC AMPLIFIREには敵いませんが、エディット系の機能が本体からは省略されていたりするので、マルチエフェクターとして求められている使い方がそもそも違うように思います。

重量、大きさをまとめるとこんな感じですね。

項目 重量 サイズ(D×W×H)
BOSS GT-1000 約3.6kg 248×462×70(mm)
KEMPER PROFILING AMP HEAD 約5.32kg 173×378×217(mm)
LINE6 Helix LT 約5.4kg 301×530×92(mm)
Fractal Audio Systems AX8 約5.4kg 262×410×101(mm)
ATOMIC AMPLIFIRE 約1.05kg 164×215×65(mm)

わかりやすい比較画像。

また、ビジュアル面についてHelixに似すぎ説は否定しませんが(笑)、メタリックなブラックボディ、適度な数のシルバーパーツ、カラーライトといった特徴のあるビジュアルはかっこいいと思いますよ!

やっぱり『BOSSっぽさ』はある

一人で弾いている時は何も思っていなかったんですが、他の機器の音と聴き比べるとやっぱり『BOSSっぽい音』なんだなと感じました。

最近はこの『BOSSっぽさ』をネガティブに捉える人も少なくなってきましたが、良く言うと『バンドに馴染みそうなまとまりの良い音』、悪く言うと『大人しい音』といった感じでしょうか。

これは決して音質の良し悪しの話ではなく、音の空気感の好き嫌いの話だと思います。

最後に

これは完全に主観ですが…GT-1000は、今までのマルチエフェクターを踏襲しつつ更に高音質・高機能化した正当なマルチエフェクターの進化系、Helix・AX8・KEMPERは、ゼロベースで考えたギターを良い音で出力するための総合的なシステムとして作られたように思います。※すみません、ATOMIC AMPLIFIREについては勉強不足です。

どの機器も良い音が出るので、どれを買うか迷っている方は、自分の使うシーンや目的をはっきりさせる事、それぞれの機器が得意なことを知る事が大事だと思います。私はBOSS製品のライブでの使いやすさや、音のまとまりの良さが大好きでGT-1000を愛用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です